コミ障なので、マッチングアプリ・出会い系体験談で彼女が作れないという人へ

1、コミュニケーション能力とは

最近は「コミュ障」という言葉を
よく聞くようになりましたね。

他人と、コミュニケーションを取る能力に
自信のない人は、
「私はコミュ障だから彼女ができない」、
「私はコミュ障だから
異性とスムーズに話すことができない」

というのがひとつの
口癖のようになっています。

そもそもコミュ障とは、
どういう意味なのでしょうか?

コミュ障とは、他人との会話中等に
自分のことをうまく話せない人、
うまく表現できない人等のことを
指すことが多いです。

では、コミュ障ではない人とは
どのような人のことでしょうか?

一般的にはコミュニケーション能力として、
いろいろなタイプの人がいると思われています。

相手の意見を尊重する人。
女性の気持ちをちゃんと理解して
優しく対応出来る紳士。
相手の意見を真摯に聞いてあげる
聞き上手な人など。

ですが、このような能力に長けた人が、
コミュニケーション能力が高いとは
一概には言えません。

相手の意見を尊重して、
相手の言うことを聞いてばかりいると、
自分自身の意見がない人として
男らしくないように思われることもあります。

紳士のように女性を尊重し優しい人でも、
場合によっては、
「どうせ誰に対しても優しいんでしょ」と、
逆に見向きもされない可能性もあります。

聞き上手な人は
最初は印象が良いかもしれませんが、

時が経つにつれ、
こちらも自分自身の意見や
考えが無い人だと
相手に思われることもあります。

要するに、ある特定の部分では
コミュニケーション能力が
高いと思われる人でも、

実は別の角度から見ると
コミュニケーション能力が低いと
判断されることもあるということです。

逆に、コミュニケーション能力が低いと
自分で思いこんでる人でも
実は、それが却って魅力となり
相手に好印象を与える可能性もあるのです。

ここまでのお話しをまとめると、
「コミュニケーション能力が低いからダメだ」
「コミュ障だから彼女ができない」
「コミュ障だから女性にもてない」
という事ではないことが分かります。

そして、どんな人でも
その人自身の個性を
相手に魅力的に感じさせられれば、

女性からモテることも
セフレを作ることも
簡単にできる可能性があるのです。

2、コミュニケーションを
支える3つのポイント

人とコミュニケーションを取るにあたって、
最初の一歩になるのがメールです。

まずは相手に連絡をとらないことには
コミュニケーションの良し悪しも
全く意味のない事になってしまいます。

他人とのコミュニケーションを取ることが
苦手だと感じている人の多くは、

会話の最中に話すことが無くなり
会話が止まってしまうことが
あると思います。

その時に、
「やっぱり私は、他人と
コミュニケーションを取ることが苦手だ」
と感じてしまう人が多いです。

しかし、他人とコミュニケーション取る時に
”ある3つのポイント”
これを抑えておくだけで、
自然に会話することが
できるようになってきます。

それは以下の3点です。

・相手の話に耳を傾ける
・相手が言うことに共感してあげる
・相手に感謝を伝える

相手の年齢、性別、職業等、関係なく
他人と会話をする時に、
この3つのポイントを
必ず意識するようにしてください。

相手のの話を聞かずに、
自分が話したいことだけを話してくる人、

あなたはそんな人をどう思いますか?
そんな人はあまり印象は良くないですよね。

こちらがが言ったことに対して
常に批判的な意見ばかり言ってくる相手、
そんな人をどう思いますか?

そんな人とは、もう話すのはやめよう、
そう思いませんか。

どんな人と会話をするにしても、
自分がうまく話すことばかり考え、
自分の面白い話しばかり話し、
ただただ話題作りで
共通の話しを見つけようとすることばかり
気にして話をしてしまっていては、
決して相手の人は満足してくれません。

一方的に自分よがり、
独りよがりな会話をしていると
コミュニケーションが取れるはずもなく、
相手との関係性を築いていくことはできません。

コミュニケーションは、
実は非常にシンプルです。

相手の女性が話していることを
「しっかり聞いて」
「その話に共感して」
「必ず感謝を伝える」

たったこれだけ。
これを気をつけるだけで
相手とスムーズに、且つ
楽しいコミュニケーションを
取ることができるようになります。

この3つのポイントは、
特に難しいことでもなく、
能力がある人でなければできない
ことでもありません。

相手と会話をしている中で
気をつけて意識を傾けるだけです。

実際にこれを実践してみると、
考えている以上に
相手の人とより良い関係を
築くことができていることを
発見するでしょう。

3、女性を100%射止める
ことは不可能だ
ということを知る

メールでのやり取りはうまくいき、
実際に会うまでこぎつけたのにも関わらず
相手の女性に振られてしまった。

実際そういう男性は、結構多いです。

メールでのやり取りあれば、
うまく取り繕って
好印象を与えることができるものの、

実際に直接会ってみると、
相手の女性に本性がバレてしまい、
振られてしまうのです。

そんなときに注意すべきポイントは、
あまりネガティブになり
落ち込まないことです。

メールで会うことができ、
実際に会ったら
思うようにいかずに振られてしまう。

そこで落ち込んで
ネガティブな気持ちを残したまままま、
次の別の女性にいってしまうと、

相手にネガティブさが伝わってしまい、
それが原因でまた振られてしまう。
そういう悪循環に陥ってしまうからです。

前回の悪い体験を引きずって
次の女性と会うことは本当にやめましょう。

これは相手の女性にとっても
失礼に当たってしまう可能性があります。

せっかく時間を作って
会いに来てくれた女性に
嫌な不快感を与えてしまう、
そうならないように気をつけましょう。

女性とコミュニケーションを取ることが
得意だと思っている男性の中には、

自分はどんな女性でも
落とせると思っている人もいます。

しかし、そんな男性でももちろん、
落とせない女性は存在します。

イケメン、高収入、コミ力高い
そんな好条件がそろっている男性だとしても、
相手の女性の性格や相性などによって、
振られてしまうことはよくあるものです。

したがって、どんな男性だとしても、
合う女性もいれば合わない女性もいる
ということです。

つまり、逆に言えば
どのような男性でも、
「自分に合った女性は必ず現れる」
と言うことができます。

自分にとっては、
自分がコミュ障だと
思っているかもしれませんが、

それをコミュ障だと思わずに
気にせず受け入れてくれる女性

そういう女性もいるのです。

「話すときに緊張してしまう男性」
そういう男性を
かわいいと思う女性もいます。

そう考えると、
コミュ障だから女性に嫌われるというのは、
単なる思い込みかもしれません。

4.知人がいないところでの
出会いは控えておく

女性との出会いの方法には、
もちろんマッチングアプリ・出会い系サイト以外にも
さまざまな方法があります。

例えば、路上でのナンパ、
またはTwitterなどのSNSを
利用した出会いなどもあります。

しかし、コミュ障の人にとっては
このようなハードルの高い
まさに自分にとってアウェーでのナンパは
かなか難しいものです。

もちろん、あなたがそこに興味があり
チャレンジしたいのであれば
それを否定するわけではありません。

ですが時間の無駄になってしまう
そういう可能性もありますので、
これはあまりおすすめはできません。

路上でのナンパは、
9割スルーされるのが普通です。

なので、断られたり
無視されたりするのが当たり前
という事をまず知った上で
行うことが大切になります。

しかし、コミュ障の人が
そのような経験を味わうと、
なかなか声をかけることすらできず、

ただただ時間だけが過ぎていく
ということになりかねないのです。

SNSで相手を探そうとしても、
リア充やネットワークビジネスの
勧誘のようなものが多く、
効率は決してよくありません。

Twitterやインスタから
ナンパをする人もいますが、
ほとんど女性にメッセージすら読まれず
ブロックされてそこで終わりです。

確実に女性と出会って
深い関係を築くためには、
マッチングアプリ・出会い系が最良の方法だと言えるでしょう。

しかもマッチングアプリ・出会い系であれば、
インターネットを介しての関係になるため、
直接つながっている関係の人よりも、
振られた時や返信が来ない時の
失敗した時のダメージが少なくて済みます。

実際に直接会うとなったときは、
コミュ障の人だと、
不安に感じられることも多いでしょう。

コミュ障の人だと、
直接会った時に緊張や
うまく話せるかどうかわからない
という不安にかられて、
結構なストレスを抱えることが多いです。

そのようなストレスを感じながら、
パートナーを探すのは
かなり苦痛を感じると思います。

出会いへのモチベーションを
維持するだけでも一苦労です。

ただ、モチベーションを
維持していくことは、
女性と出会うためには
絶対に必要なことです。

女性に声をかけて断られるということは、
それは当たり前のことなのですが、

それがあまり続くと
精神的なダメージが大きいです。

そんなときに
モチベーションを
維持することができないと

結局、行動が続かなくなり、
女性と出会う前に
ドロップアウトしてしまいます。

モチベーションを維持するには、
焦らず気長に続けていくことが大事です。

よくあるパターンとしては、
始めは気合を入れ
意気込んで頑張るものの、

なかなかうまく行かず
断られる回数が多くなるごとに
嫌になってしまい
結局やめてしまうことです。

したがって、
そもそもうまくいくことの方が
少ないんだという気軽な
気持ちでいることが大切です。

その上で且つ、
最後は必ずうまくいく
絶対に成功できる、という
自信も持っておきましょう。

最初から諦めて声をかけていると、
自信のない男として、
相手の女性に見られてしまい、
魅力の無い男性と思われてしまいます。

最初のうちは50%前後で始めてみて、
声をかけることを重ねていき、

自分のテクニックも上がってきた時に
徐々にモチベーションを
あげていくのが良いでしょう。

5、コミュ障でも
彼女作りを諦めることはない

コミュ障だろうと、
そうでなかろうと、
実はそこに大きな差はありません。

コミュ障だから彼女ができないと
諦める必要なんてありません。

決してあきらめずに
自分自身の魅力をうまく引き出して
相手の女性に伝えられるようにしましょう。

あなただけの魅力
あなたにしか魅力的なポイントを
発揮することができれば、

あなたに合う女性が現れた時に
すぐに話が弾むようになります。

そしてそれができれば、
もっと多くの女性にも
気に入ってもらうことが
できるようになるでしょう。

ただ、
「自分自身の魅力とは何か?」
それがわからず
悩んでしまうこともあると思います。

そのような時は
以下のようなポイントを軸に考え
自分の魅力を探求してみてください。

・優しい性格でアピールする
・スポーツ好きでアピールする
・仕事の成果を話してみる
・雑学が豊富で豆知識を披露する
・絵をかいてあげる
・オタク趣味がある

このように、
得意なことや自分の長所、
アピールポイントが
どこにあるかを考え
それを明確にしておくと安心です。

コミュ障な方でも、
自分の好きなことや得意なことなら
自然と熱く語ってしまうはずです。

それを拡げていくようにしましょう。

自分の好きなことや趣味を
自信を持って話せるように
普段から練習しておきましょう。

おすすめ記事

マッチングアプリ・出会い系サイト比較ランキング 当サイト管理人、リョータが紹介する、 ”頑張ればお金をかけずに出会えるサイト のランキングです。 以下のサイトは実証済み。 マッチングアプリ・出会い系サイトは多数ありますが、 その[…]